田中院長ブログ

2019.11.14更新

薄毛や抜け毛にお悩みの方、生え際が気になる方など、髪のお悩みをお持ちの方は多いものです。
思春期以降の成人男性に見られるAGAは、男性型脱毛症と言われる進行形の病気です。
何もしなければどんどん症状は進みますので、早めのケアが大切です。

AGAの原因は、男性ホルモンや遺伝が原因であると言われております。
男性ホルモンの影響でヘアサイクルが乱れて髪の毛の成長が止まってしまうと、髪が太くなる前に抜けてしまい薄毛が目立つようになったり、また、ストレスが原因で薄毛になるとも言われています。

市販のシャンプーや育毛剤を使用されても効果のなかった方が、プロペシアやザガーロ、フィナステリドでの治療を始められ、効果が見られたというデータが多くあります。

神戸市長田区の当院では、ご負担を軽くするためお安い価格でAGA治療薬を提供しています。

投稿者: 田中診療所

2019.10.31更新

神戸市で、初診料無料・再診料無料でAGA治療薬「プロペシア」「フィナステリド」を処方している田中診療所です。

AGAは成人男性に多くみられる男性型脱毛症です。
その他の脱毛症とは異なり、生え際やてっぺんの抜け毛が増えて薄毛になるのが特徴です。
原因は男性ホルモンの影響、遺伝であるとも言われていますが、ストレスや食生活、生活環境の乱れも影響があると言われています。

AGA治療薬のプロペシアを続けるとAGAの改善率は高まります。
神戸市長田区の当院ではお安い価格で提供しています。
改善の程度には個人差がありますが、約3ヶ月ほどで抜け毛が減り、生え際に産毛が目立つようになっていきます。
1日1回の服用です。

AGAは進行性の病気ですので、そのままにしていては改善されません。
また、自費診療になるため保険はききませんが、当院では初診料、再診料は無料です。

AGAは進行を抑えることが重要です。
一緒に治療して行きましょう。

投稿者: 田中診療所

2019.10.24更新

男性型脱毛症、AGAは、男性ホルモンの影響や遺伝によりがおこり、髪の毛の成長を止めて、長くて太い髪の毛になる前に抜けてしまうことがあります。
ストレスや食生活、生活習慣の乱れも抜け毛の原因になります。

AGAの特徴は、成人男性に多くみられ、生え際や頭のてっぺんの髪が抜けて、薄毛が増え始めます。
思春期に出始め、進行していくのも特徴です。

AGAは、進行形の病気です。
放置していても改善されるものではありません。
髪にハリやコシがなくなった、最近、髪が抜け薄毛になり始めた、抜け毛がひどくなり始めた等髪の毛に関して気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

AGA治療薬のプロペアを低価で提供しています。
続けることで、AGAは改善されます。
神戸市長田区に開業していますので、今年もよろしくお願いします。

投稿者: 田中診療所

2019.10.17更新

AGAは進行性の病気です。
髪の毛の薄毛や抜け毛はプロペシアという薬を服用することで進行を抑制出来ます。

プロペシアを服用し、薄毛が目立たなくなるのは6ヶ月が目安です。
1年ほど経つと抜け毛が減り、髪のボリュームを感じられます。
この頃になると、多くの方が自分自身で効果を実感できるようになります。
2年目になってくると、これまでは感じられなかった部位への効果が実感できます。
4年を過ぎれば、改善された毛髪が維持されているのを実感できます。
効果の期間と程度には個人差がありますが、4人に3人はプロペシアの効果を実感しています。

神戸市長田区で抜け毛や薄毛でお悩みの方は当院にご相談ください。
初診料、再診療共に無料でプロペシアの処方を致します。

投稿者: 田中診療所

2019.10.10更新

男盛りの30代、一番活動的な時に髪の毛の悩みを持つ男性は多いのです。
周囲からいろいろ言われても心では泣きながら笑顔で受け流していませんか。
実は、その髪の悩みは男性型脱毛症と呼ばれるもので、プロペシアなどのAGA治療薬で解決できるのです。

当院では、神戸市長田区にお住まい、通勤通学でお越しの悩める男性の髪の毛の問題を解決しています。
プロペシアなどのAGA治療薬は健康保険が使えないのですが、当院は薬代だけを頂いております。

恥ずかしいから病院に行かずにインターネットで薬を手に入れたいとする方がいますが、ネット経由の薬はまがい物が多く健康を害する場合があります。
当院に通院して、処方された薬を定期的な継続的に服用することが髪の毛の回復に重要です。

投稿者: 田中診療所

2019.10.03更新

AGAとは、成人男性に多く見られる男性型脱毛症で、進行していくのが特徴です。
自然に治ることはありません。
治療薬のプロペシアを服用することで、進行を抑えることができます。
神戸市長田区にある当クリニックでは、初診、再診料を無料で診察させていただきます。

プロペシアは、最低でも6ヶ月の服用が必要です。
その後、効果を感じることができるのは、抜け毛が減ったかどうかが目安になります。
しかし、治療の途中で服用を止めてしまうと、再び薄毛が進行します。
医師が処方する安全なプロペシアを継続的に服用することで、改善効果が高くなります。

プロペシアは早めの対策、継続的な服用がポイントです。
薄毛や抜け毛が気になり始めたら、できるだけ早めに医師に相談しましょう。

投稿者: 田中診療所

2019.09.30更新

薄毛や抜け毛でお悩みの方はいませんか。
鏡を見るたびに憂鬱な気持ちになってしまうことはありませんか。
成人男性に多くみられます男性型脱毛症のことを、AGAといいます。
この病気は、生え際や頭のてっぺんの髪の抜け毛が徐々に増えてきます。
そして、だんだんと薄毛になってくるのが特徴です。
思春期以降に発症し始め、進行していく病気です。

そのままにしておいても、決して治ることはありません。
遺伝やホルモンによる影響が原因とされていますが、ストレスや、生活習慣の乱れも関係しているようです。
重要なことは進行を抑えることです。
当院はAGA治療薬を取り扱っています。
お悩みをお聞かせください。

投稿者: 田中診療所

2019.09.26更新

薄毛や抜け毛に対してコンプレックスをお持ちの方はいませんか。
また、将来の自分を想像した時、薄毛が進行するのでないかという心配をしている方はいませんか。

このコンプレックスや不安感は、ストレスとなり、心にも身体にも悪影響です。
そこで当院では、AGA治療にも積極的に取り組んでいます。

まず、患者様の睡眠や飲酒などの生活習慣を再確認します。
生活の中に、薄毛の原因となるような事があれば、丁寧にアドバイスします。
そして、メリットやデメリットなどの詳細を説明した上、患者様の希望に合わせて投薬による治療を行います。

治療をすることは、精神的にも安定し人生も前向きな気持ちで過ごせます。
神戸市長田区周辺にお住まいのみなさま、薄毛をコンプレックスにする前に当院へご相談ください。

投稿者: 田中診療所

2019.09.19更新

神戸市長田区にお住まいの皆様、額の生え際や頭部が薄くなっていませんか。
抜け毛が増えて薄毛が目立つようになったら、AGAの可能性があります。
AGAとは進行形の男性脱毛症です。
思春期以降の男性によくみられます。

抜け毛の原因物質はDHTです。
このDHTというのが厄介で、薄毛の原因と言われています。
頭部の薄い箇所を見るとDHTのせいで抜け毛が増えているのが確認できます。

DHTが髪の毛の成長期を短くし、次第にヘアサイクルが乱れていきます。
ふつう2年から6年の髪の成長期が、数か月から1年となり、成長する前に髪の毛が抜け落ちるようになります。
そのせいで薄毛になり抜け毛が増えていきます。
そして次第に髪自体のボリュームがなくなってしまいます。

投稿者: 田中診療所

2019.09.12更新

近年では男性もファッションやスキンケアなどを気にする時代となりました。
おしゃれな男性が増え、髪の毛もきちんとワックスで整えている男性も見かけます。
しかし、日々の中でブラッシングなどをするときに抜け毛や薄毛が気になったことはありませんか。

薄毛の原因はもしかしたらAGAかもしれません。
AGAは男性型脱毛症と言われています。
AGAは進行形の病気ですので、ほうっておくと症状はさらに悪化してしまいます。
もし薄毛などの症状で気になることがありましたら神戸市長田区にあります当院へご相談下さい。

当院ではAGAの治療薬としてプロペシア、フィナステリド、ザガーロを処方しています。
きちんと続けることでAGAは改善されていきます。
諦めずに続けていきましょう。

投稿者: 田中診療所

前へ

ご予約・ご相談はお気軽に

  • お気軽にお問い合わせ下さい078-612-5068
  • 24時間受け付けておりますメールでのお問い合せ
メールでのお問い合せ 078-612-5068